よくあるご質問印刷する

  • 会社に関するご質問
  • 株式のお手続に関するご質問
  • 決算に関するご質問
  • 株主優待に関するご質問
  • 株主総会に関するご質問
  • 株式分割と単元株制度の採用に関するご質問

会社に関するご質問

会社が設立されたのはいつですか?

1990年に現会長青山洋一 他により創設されました。

上場取引所はどこですか?

1999年12月にジャスダック証券取引所に上場しました。証券コードは9439です。

1単元の株式数は何株ですか?

1単元は100株となります。

株主名簿管理人はどこですか?

三菱UFJ信託銀行です。

監査法人はどこですか?

監査法人よつば綜合事務所です。

このページの先頭へ

決算に関するご質問

決算期はいつですか?

6月末日です。

決算発表は、いつですか?

決算発表は、毎年、2月中旬、5月中旬、8月中旬、11月中旬に行う予定です。

このページの先頭へ

株主総会に関するご質問

株主総会の開催日はいつですか?

定時株主総会につきましては、毎年9月下旬に開催しております。

株主以外でも株主総会に出席できますか?

株主以外の方は出席できません。

株主総会に出席したらお土産はもらえますか?

毎年「モッズ・ヘア」の商品をお渡ししております。

このページの先頭へ

株式のお手続に関するご質問

住所、氏名などの変更はどうすればいいですか?

株主名簿管理人である三菱UFJ信託銀行までお申し出下さい。
また証券保管振替機構(ほふり)をご利用の方は、お取引口座のある証券会社へお問い合わせください。

このページの先頭へ

株主優待に関するご質問

株主優待制度はありますか?

100株(1単元)以上300株(3単元)未満を所有する株主様には「モッズ・ヘア」サロンでご利用いただける優待券3,000円(税抜)分を、300株(3単元)以上を所有する株主様には「モッズ・ヘア」サロンをご利用いただける優待券3,000円(税抜)及び「モッズ・ヘア」製品3,500円相当をお送りいたします。

株主優待制度の対象となる株主の基準日はいつですか?

毎年6月末、12月末時点で株主名簿に登録された株主様が対象となります。
ただし、平成26年12月末時点の株主様より、基準日を毎年12月末時点とさせていただきます。

優待券3,000円(税抜)分について、「モッズ・ヘア」サロンが近くにない場合はどうすればいいですか?

現在は、サロンのみでのご利用となります。
今後につきましては、株主還元を基本方針として、当社の経営の重要課題であります「安定的な配当」とのバランスを踏まえ、また、株主の皆様からのご意見をもとに随時検討いたします。

優待券3,000円(税抜)分について、いくらからでも利用できますか?

施術料金5,000円(税抜)以上のサービスを受けられた場合に、3,000円(税抜)割引させていただきます。

利用方法を教えてください。

ご予約の際、本券ご利用の旨サロンスタッフへお申し付けください。
また、ご来店の際、施術前に本券をサロンスタッフにお渡しください。

複数枚同時に使用することは可能ですか?

2枚以上の同時利用はお受けいたしかねますので予めご了承ください。

チケットが複数ある場合、何回でも利用できますか?

有効期間中、お一人様一回までのご利用とさせていただきます。

学生割引との併用はできますか?

学生割引との併用はできかねますので予めご了承ください。

キッズ料金で使用することはできますか?

キッズ料金は割引対象外となります。

優待券3,000円(税抜)分について、オンラインショッピングでの利用はできますか?

申し訳ございません。オンラインショッピングはご利用頂けません。サロンのみでのご利用となります。

優待券3,000円(税抜)分について、サロンで商品を購入した場合に利用することはできますか?

施術料金から3,000円引き(税抜)となります。商品購入代金は対象外とさせていただきますので予めご了承ください。

1枚の優待券を3名で利用し、1人1,000円(税抜)ずつ割引することはできますか?

1枚の優待券につきお1人様までのご案内となります。

優待券3,000円(税抜)分について、換金することはできますか?また、お釣りはでますか?

現金との交換、差額の釣銭はお受けいたしかねますので予めご了承ください。

優待券を紛失してしまったのですが、再発行することはできますか?

紛失された場合、再発行はできかねますのでご了承ください。

他の割引と一緒に使用することはできますか?

他の割引との併用はできかねますので予めご了承ください。

このページの先頭へ

株式分割と単元株制度の採用に関するご質問

単元株制度採用の背景を教えてください。

単元株制度とは、会社法で定められ、株主総会の議決権の単位となる株式数であり、証券取引所での株式の売買単位となっている株式数です。全国証券取引所は、日本国内の株式市場は複数種類の売買単位が混在する国際的に見て少数の市場であることから、複数種類の売買単位の解消が日本の証券市場の魅力的かつ投資しやすい環境作りに不可欠であるとして、平成19年11月より売買単位の集約に向けて調整を行ってきました。この取組みの一環として、上場会社全社に平成26年4 月1 日までに「売買単位の100 株と1000 株の2 種類への集約」をするよう要請しています。
この要請を踏まえ、当社においては、100株を1単元とする単元株制度を採用いたしました。

株式分割の背景を教えてください。

一般的に単元株制度を採用する会社は、株主への影響を考慮し、同時に株式分割を行っております。
当社においても、株主への影響を鑑み、1株につき100株の割合で株式分割をいたしました。

単元株制度の採用および株式分割において、株主として手続きが必要でしょうか。

今般の単元株制度の採用および株式分割において、株主様による特段の手続きは必要ありません。

取引の単位は何株でしょうか。

平成25年6月25日(火曜日)までの約定は1株単位での取引となり、平成25年6月26日(水曜日)以降の約定は、100株単位での取引となります。つきましては、平成25年6月25日取引終了後に当社株式を持っている場合、株式分割の効力発生日の平成25年7月1日に株数が100倍となっております。

単元未満株式の権利は制限されるのでしょうか。

株主総会における議決権などの権利制限を受けます。

単元未満株式の買増請求はできますか。

単元未満株式の買増請求はできません。

単元未満株式の買取請求はできますか。

平成25年7月1日以降、単元未満株式の買取請求ができます。買取請求の手続きは、お取引の証券会社または当社株主名簿管理人までお問い合わせください。

単元株制度を採用して株式分割した場合、保有している株式の資産価値は変わるのでしょうか。

単元株制度の採用および株式分割の前後で、会社の資産や資本に変わりはありませんので、株式市況の動向などの要因を別とすれば、株主様がお持ちの株式の資産価値がかわるわけではありません。株式分割により保有する株式の数は、100倍になりますが、1株当たりの純資産価額は100分の1になるためです。

信用取引への影響はありますか。

投資家(株主)の方と証券会社との相対取引で行われます一般信用取引については、証券会社によりお取扱いが異なります。詳しくはお取引の証券会社にお問い合わせください。